2015年05月02日

第1回 英語検定のお知らせ 〆切5月13日

第1回の英語検定試験の受付を行います。
外部生の皆さんは、第1回の実施案内のPDFをダウンロードし、申し込み用紙に記入の上、お金をそえて本校担当者の増田まで御持参ください。

尚、今回はHPリニューアルに伴い、試験のお知らせが遅くなりましたことをお詫び申し上げます。


英検実施案内 .pdf


12:12 | お知らせ

2015年03月19日

平成27年度 入学案内

新年度の入学案内です。

小学部新入学生と転入生の保護者の皆様へ
下記をクリックしたいただきお読みください。
平成27年度入学案内文書(PDF)
02:59 | お知らせ

お知らせ

平成27年度、本校に転入学を希望される方は次のとおりお願いします。

【転入学申し込み】
随時(4/1転入受付終了)
※転入学専用メール nyugaku2015@gmail.com に転入希望の旨を申し込んでください。
※メールには、@入学願書 Aスクールバス申し込み書(希望者)を添付してください。
※本校への転入学は保護者の日本人会への入会が必要です。


【転入学説明会】

次のとおり実施しますので、希望者は上記アドレス宛にメールでお申込みください。

@新・転入学者説明会(全員):平成27年4月6日(月)10:00 本校にて
A学校見学会:平成27年度4月6日(月)13:00 本校にて
※説明なしで校舎を見学します。転入希望者本人がまだ本校を見学していない場合は
 是非ご参加ください。
※この時期、個別の見学希望への対応は難しいため、上記説明会への参加をお願いします。


【転入学に関する御質問等】

御質問のある場合は、電話又はメールでお問い合わせください。


01:04 | お知らせ

2015年03月16日

英語検定結果到着

第3回英語検定の二次試験結果が到着しました。
本年度は19日が三学期の最終日になります。

本校職員室までに結果を取りに来ていただきますよう、よろしくお願いいたします。


英語科 川口 

2015年03月07日

卒業証書授与式

G6:23名、G9:13名の卒業証書授与式が行われました。

それぞれが別の進路に進むのがわかっているため、卒業したくない気持ちでいっぱいでしたね。
でも誰もが通る道。

心に残るすばらしい式になりました。
6.jpg 9.jpg

中学生の送辞・答辞を掲載します。

送辞

 寒かった日も終わり、だんだん暖かさを感じる心地よい季節となりました。
 今日このニューデリー日本人学校を卒業される先輩方おめでとうございます。在校生一同心よりお祝い申し上げます。

 先輩方はソーラン、運動会、委員会活動や部活動をはじめとする学校生活のすべてにおいて私たち後輩の一歩先をいき、引っ張っていってくださいました。
 中学校の伝統となったソーラン。年々中学部の人数も増え、練習当初はなかなか一つにまとまることができませんでした。しかし、三年生の先輩方は初心者の私たち一人ひとりに丁寧にやさしく、分かるまで教えてくれました。また常に中心となっていつも的確な指示を出し、私たちをリードしてくれました。忘れることのできない夏祭りでの最後のソーラン。先生方に最後まで注意され、落ち込んでいた私たちによりよくするために、声出しの練習をしようと声をかけてくれました。そして自分たちから率先して声を出し始めました。新校舎の裏では全員が一つになった声が響き渡り、雰囲気も最高になり、本番では今まで以上に自分たちの力が発揮されました。終わった時の達成感、充実感はなにものにもかえがたいものになりました。一つの事に対して真剣にやることの大切さを気づかせてくれたのは、時には厳しくそして時には優しく教えて下さった先輩方のおかげです。来年度は私たちの番です。先輩方のように後輩に対して的確な指示を出したり、全体を引っ張っていけるか不安ですが、先輩の背中を追いかけて少しでも近づけるよう努力することをここに誓いたいと思います。

 運動会のインディアンダンスでもソーランと同様、私たち後輩に一つひとつ丁寧に教えてくれました。その時の明るい笑顔で接してくれたことは決して忘れません。また応援合戦においては、私たち応援団に、「いつでも困ったことがあったら言ってね」「こうしたらいいんじゃないかなあ」など親身になって的確なアドバイスをして下さりました。そのアドバイスがあったからこそ、赤、白どちらの組も完成度の高い応援を仕上げることができたのだと思います。
 その他の国際球技大会、水泳記録会、部活動や委員会活動でも先輩方はいつも中心にいて指示を出していました。その素晴らしい先輩方の言動に私たちは多くの事を学ぶことができました。

 三年生の先輩方は毎日笑顔があふれていて面白い話やその笑顔で周囲の私たちの雰囲気を和やかにして下さりました。その一方でソーランの時など集中するときには全員がまるで別人のようになり、何事にも全力で取り組む姿は学校生活を一日一日をとても楽しんでいるように見え、私たちのあこがれの存在でした。

 私たちは先輩方と出会ってから数え切れないほど多くの事を学ぶことができました。今思えば、先輩方と過ごしてきた一日一日はなにものにもかえがたい大切な日々になりました。今さらですが、もっと先輩方からたくさんのことを学び、話をしておけばと悔やんでいます。
 これからは、私たち在校生が先輩方から学んできたことを自分たちの力で発展させ、次の世代へと引き継いでいきます。少しでも先輩方に近づき、追い越せるようそして先輩方に心配をかけないように自分たちの力を信じ、精一杯やりきろうと思います。卒業後、くじけそうになったり、辛いことがあった時にはこのニューデリー日本人学校のことを思い出して下さい。先輩方の輝かしい活躍を思い出し、もう一度自信を取り戻す事と思います。

 最後に、私たちにとって輝く存在である先輩方。在校生一同これからのご健康とますますのご活躍をお祈り申し上げ、送辞といたします。


答辞

日本では雪も溶けて桜の季節、インドでは温かい風が吹く季節となりました。
本日は私たちのためにこのような卒業式を挙行して下さりありがとうございます。今日、私たち十三名は、ここ、ニューデリー日本人学校で義務教育の全過程を終えることができました。学校創立五十周年の節目の年に卒業できることを嬉しく思うとともに、この学校の歴史の長さを感じさせられます。
卒業証書を受け取った今、まだその実感はあまりありませんが、先ほど頂いたご来賓の皆様や校長先生、在校生のお言葉で、卒業に対する思いが少しずつこみ上げてきました。
私たちがこの三年間で一番の思い出となったのはよさこいソーランです。たくさんの発表の機会があり、中学部全体でひとつのものを作り上げるという素晴らしさを何度も学び、毎回、言葉に表せない達成感を得ることが出来ました。最高学年になってからは頼れる先輩もいなくなり、悩んだ時には何度も何度も話合いを重ね、その度にクラスや中学部の団結力が深まったように感じられました。最後の発表、夏祭りにおいても一生残るような思い出を作ることができました。また、よさこいソーランを通して、日本では体験できない、麻生副総理夫人や天皇皇后両陛下の前で披露させていただく機会を得、何事にも代え難い経験を積むことができました。
また、インドという特殊な環境で過ごす中で、私達はインドの文化と日本の文化それぞれを学ぶ学校行事がありました。
ダンスやスポーツ、食事などを通してインドの文化を学ぶことができ、ようこそジャパンデイを通して、日本の文化を発信しました。そして現地の生徒と交流を深めることができました。
日本の文化を日本にある学校よりも深く、そしてインドの文化も学ぶことのできるため、私達はこのニューデリー日本人学校を、世界一の学校だと胸を張っていうことができます。そしてこの学校で卒業できることに誇りに思います。
活気があり、いつでも笑顔が溢れている中学一年生のみなさん。みなさんの色々な事に挑戦する姿は素敵でした。一人一人個性があり、笑いの絶えない、いつでも楽しそうなクラスを見ていて元気づけられることもありました。これからはみなさんが学校の活動の中心となります。その笑顔と影響力で学校によりよい良い風を吹かしてください。
いつでも冷静で物事を適切に判断できる中学二年生のみなさん。昨年度、今年度の学習発表会ではみなさんは先頭に立って私たちを成功まで導いてくれました。また、委員長としてたくさんの企画をしていたところから、私たちはみなさんが最高学年として学校の大黒柱になれると確信しています。これからは受験もあり大きな壁が立ちはだかると思いますが、みなさんならきっとのりこえられます。
私たちが九ヵ年の義務教育を受け、今日終えることができたのは、紛れもなく私たちを十五年間支えてくださったお母さん、お父さんのおかげです。私たちの受験のために睡眠時間を削ってでも、喧嘩してでも、いつも私たちのことを第一に考えてくれました。
また、決して立派な最上級生とは言えない私たちに、時には厳しく、時には優しく指導し、質問をすれば詳しく丁寧に説明してくれた先生方。私達は先生なしではここまで成長することができませんでした。
この場を借りて、お父さんお母さん、そして先生方に感謝したいと思います。ありがとうございました。
私はこのインドで、この学校でたくさんの素晴らしい思い出を作りすぎたせいか、正直、ここを離れるのが名残惜しくてたまりません。しかし、中学三年間で積み上げてきた経験を十分に生かし、インドとニューデリー日本人学校で学んだ全てのことを胸に刻み、これからの高校生活の糧にしていこうとおもいます。
最後に、これからもニューデリー日本人学校が安全で世界一の学校としてますます発展していくことを心から祈って答辞とさせていただきます。



23:59 | 学校行事

2015年03月02日

G2 校外学習 <お買い物>

2年生の生活科の学習でスーパーマーケットに買い物へ行ってきました。
たくさんの保護者ボランティアの方に参加していただき、
インドではなかなか体験できない、自分で買い物をすることに挑戦!!
値段を見ながら50ルピーで買えるものを探しました。
値段がわからないときは、お店の人に英語で聞くなど、ドキドキする場面もありました。
思ってた以上に50ルピーで買えるものはたくさんあることに気がつきました。
でもなんといっても驚くのは、
お釣りの1ルピーがキャンディーで返ってくることです。
日本ではこんなことありませんね。
たくさんの発見ができ、楽しくお買い物ができました。
P2126124.JPG  P2126127.JPG  P2126129.JPG

P2126130.JPG P2126135.JPG P2126136.JPG



21:10 | 小学部

2015年02月26日

G1 動物園へ遠足に行きました

2月26日(木)に動物園へ遠足に行ってきました。広い動物園には、たくさんの動物たちがいました。しかやサイ、キリン、ホワイトタイガーなど、子どもたちは間近で動物たちを見て、楽しく半日を過ごすことができました。動物園の後は、クラフトミュージアムでお弁当を食べることもでき、よい思い出ができました。

IMG_0883.jpg IMG_0877.jpg IMG_3295.jpg
IMG_0893.jpg IMG_0862.jpg IMG_3274.jpg
22:00 | 小学部

2015年02月25日

G3 校外学習

2月25日(水)、三年生でストロベリーファームへ農場見学に行ってきました。社会科で勉強したメモの取り方やインタビューの仕方を生かしながら、農家の仕事についてくわしく見学できました。ファームの社長さんの「みんなに新鮮な空気の中で育ったおいしい野菜を食べてほしい」という気持ちで働いているというお話が心に残りました。またストロベリーファームへ遊びに行きたいです。

3-2-2.jpg 3-2-1.jpg IMG_1339.jpg
IMG_1335.jpg IMG_1375.jpg 3-2-3.jpg
23:00 | 小学部

2015年02月21日

お知らせ

2月23日より学校メールのアドレスが変更となります。

学校へメールでの問い合わせをする場合はお手数ですが、
アドレスを今一度確認お願いします。

00:00 | お知らせ

2015年02月04日

BBS校訪問!

日頃より交流のある、Bluebells School International校へG4〜G9までの児童・生徒が行ってきました。日本人学校の小学部の発表もあり、日本人学校からの保護者も多数参加がありました。インドの学校の中を見られるとても貴重な機会でした。それにしても掲示物のレベルの高いのには、とても驚きました。
交流後半は、グループに分かれての体験活動でした。最後は花をかけあうお祝いHolyをみんなでしました。
01.jpg 02.jpg 03.jpg
04.jpg 05.jpg 06.jpg
07.jpg 08.jpg 09.jpg
10.jpg  11.jpg 12.jpg
13.jpg 14.jpg 15.jpg 16.jpg
17.jpg 18.jpg 19.jpg 20.jpg
21.jpg 22.jpg 23.jpg 24.jpg
25.jpg 26.jpg 27.jpg 28.jpg
29.jpg 30.jpg 31.jpg 32.jpg 33.jpg 34.jpg
35.jpg 36.jpg DSC_0200.jpg
21:00 | 学校行事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。